クリニック選びの注意点

看護師

抑えたいポイント

メスを使わない・ダウンタイムの心配がほとんど無いプチ整形の「ボトックス注射」は、美容整形初心者でもチャレンジしやすいのが魅力です。ただ、今まで1度も美容外科クリニックを訪れたことが無いという人の場合、例えプチ整形であってもクリニック選びが難航してしまいがちです。ボトックス注射を受けるクリニックを選ぶポイントとして、「明朗会計な料金設定になっているか」という点が挙げられます。一見、激安な費用で施術を受けられる場合でも麻酔代やアイシング代などがプラスされ、他のクリニックよりも最終的には高い費用になったというケースも少なくありません。このような事態を避けるためにも最終的にかかる金額を、施術の契約を行う前に教えてくれるクリニックを選ぶ必要があります。多くの美容外科クリニックは契約前に必ずカウンセリングを行うので、このときに最終的な費用を必ず聞くようにしましょう。ボトックス注射に必要なボツリヌス製剤の費用だけでなく、他の工程にかかる金額も包み隠さず教えてくれるクリニックであれば信頼できます。ボトックス注射の施術を受ける上で必ず気を付けておきたいのがボツリヌス製剤は、どのような種類が使われているかという点です。ボツリヌス製剤は1種類だけでなく様々な国の医療メーカーが作っており、種類によって品質などが異なります。あまり信頼性が無いメーカーが作ったボツリヌス製剤だと、思わぬ副作用を起こしてしまう危険性もあるので注意が必要です。今現在、厚生労働省が認めているボツリヌス製剤は1種類しかなく、アメリカのメーカーが開発したボトックスビスタのみです。アメリカの工場で作られ日本に送られてくるのですが、ボツリヌス製剤の活性をキープするために徹底した管理をしています。ボツリヌス製剤は5℃以下の温度を維持して日本へ輸入されるので、劣化することなくクリニックまで届くのです。品質や安全性、信頼性共に折り紙つきで、初めてボトックス注射を受けるという人でも、このメーカーが作ったボツリヌス製剤であれば安心でしょう。安心・安全を考えるのであれば多少費用が高くても、日本の厚生労働省が認可したボツリヌス製剤を使っているクリニックを選ぶのをおすすめします。